海外在宅ワーカーブログ

おばあちゃんの夏!?

2021年10月4日 10:00 カテゴリー : 海外在宅ワーカーブログ

Szia!(シーア!こんにちは~)ブダペスト在住のパプリ子です。

「小春日和」

辞書によると、晩秋から初冬の頃の穏やかな天気が続く日だと書かれています。同じような意味合いで、アメリカでは「インディアンサマー」とも呼ばれているようです。ここヨーロッパのハンガリーにも実は同じような表現があるんです。でも、なんだかとってもかわいい表現なのでご紹介しますね。

「Venasszonyok nyara」訳して「おばあちゃんの夏」です。

ちょうど今、私がこのブログを書いている9月下旬頃から10月初めの頃がこれに相当する時期です。

私にとっては、一番心が落ち着いて、前向きな力が湧いてくる時期なんです。

おばあちゃんの夏気分を味わう週末

9月最後の週末を皆さんはどのように過ごしましたか?

その日は土曜日

隙間時間を利用してコール業務をメインに稼働している私は、午前9時から12時までシフトに入りました。

仕事を終え、窓の外を覗いてみると真っ青な空と太陽の光が入り込んでいます。

起きたばかりの眠そうな夫に「どっか行こうよ!?」と声をかけ、ブダペスト市内の自然広がる丘へハイキングに出かけることに!

小高い丘を一気に駆け上り、サンドイッチを食べて一息ついているところ、もの凄い爆音が聞こえます。なんと、小型のプロペラ機が近距離で飛んできました。2回ほど旋回してくれたので、シャッターチャンスもばっちり!手を振ってアピールしたのがパイロットに伝わったのかな?

撮り鉄ならぬ、撮り飛?でした。

ここの平原はパラグライダーやグライダー(エンジンなしの航空機)の練習場所としても使われており、ふわっと人間が空に浮いている姿を見るだけでも心がほっとして、ゆったりできる最高の癒しの場所です。

    

次の日の日曜日

次の日の日曜日はさらなる「おばあちゃんの夏」日和で気温も27度まであがりました。そこで、この日はNormafaという場所(ブダペスト市民の森のようなところ)へ足を運びました。この素敵な季節を楽しみたい気持ちが共通なのか、多くの人々で賑わっていました。私がそこで見つけた夏気分をもりあげるもの。それは「ランゴーシュ!」です。

ずばり、ハンガリーのソウルフードです。ランゴーシュ目当てに長蛇の列でしたが、待つこと30分、アツアツの揚げたてを手に入れて、気分は最高です。

どんな食べ物かと簡単に説明しますと、揚げたてのパンにニンニクをすりおろしたしぼり汁、サワークリーム、チーズがあふれんばかりにのせられています。お好みで塩をぱっぱと振りかけて食べる、まさしくカロリー爆弾な食べ物です。ハンガリーに来た当初は食べるのを敬遠してましたが、今では「ランゴーシュのない夏は夏じゃない!」と断言するほど、大好物のひとつになりました。

ちなみにビールととっても相性のいい食べ物です。

今回はハンガリーの「おばあちゃんの夏」、優しくて、おおらかで、あったかい、そんな気持ちがほっこりするこの季節をお伝えしました。

皆様も、素敵な「おばあちゃんの夏」を見つけてみてください。

Normafaランゴーシュ
          

 

 《スキルアップ関連ブログ》

スポーツの秋! 
~コロナ禍でも工夫して運動を~
2020年9月11日

🏠在宅でスキルアップ!

在宅でコール業務!

  ♪メルマガ配信中♪

☆応援ポチもお願いします☆
 ☆にほんブログ村