BPO Times

ネット集客ってどうやるの!?お悩み別おすすめサービスをご紹介

2021年6月21日 09:00 カテゴリー : BPO Times

インターネットやスマートフォンが生活の一部となっている現在、企業のマーケティングにおいても「WEB」を活用しない手はありません。WEBマーケティングは、SNSやブログなどの無料かつ簡単に作成できる手段から、ホームページやバナー広告など専門的なツールまで幅広く存在します。しかし、ネット集客のやり方が分からない、運用する時間がない、人材不足などの理由でお困りの企業は多いのではないでしょうか。

この記事では、WEBマーケティングサービス代行を受託しているMamasan&Company株式会社が、WEBマーケティングに関する様々な悩みにお答えし、おすすめのサービスを紹介します。

ネット集客、WEBマーケティングとは?

ネット集客やWEBマーケティングとはどのような戦略なのか、メリットと合わせて確認しましょう。

一言でいうと「インターネットでお客様を集めること」

ネット集客、WEBマーケティングとは、オンライン上で集客を行い、WEBサイトなどへ掲載されている商品やサービスを購入してもらうための活動です。活動の種類としては、SNSやバナー広告、ブログ、ホームページなど多岐にわたります。どの活動においても、事前に明確なターゲティングを行うことが大切です。せっかく良い広告を作成しても、ターゲットに届いていなければ集客の効果を充分に得ることができません。

また、競合他社をリサーチしておくことも重要でしょう。自社を検索する場合に想定される「検索ワード」を入力し、上位に表示されるWEBサイトはどのような作りになっているのか確認することで、ホームページなどの作成に活かすことができます。

WEBマーケティングのメリット

オフラインの販売促進活動と比較して、WEBマーケティングのメリットのひとつは「何人の目に届いたか」「商品購入へ何件つながったか」などを効果測定の数値で確認できることです。加えて、WEBサイトの訪問者は目的を持ってアクセスすることが多いため、訪問先のページに合わせて地域や年齢、性別を絞りピンポイントのターゲットへアプローチすることができます。

また、紙媒体を使う場合に発生する印刷や郵送のタイムラグをカットすることも可能でしょう。名刺や広告は、誤りがあった場合に修正して再度顧客へ配布するまでに時間がかかりますが、WEBでは管理画面ひとつで修正、配信ができます。SNSは、投稿する内容によっては数分で新しい情報をアップロードすることが可能であるため、特に即効性のある集客方法といえるでしょう。

さらに、WEBマーケティングは最低限パソコンなどの端末とインターネット回線さえあれば活動できるため、すでに会社にある設備を利用すればコストをかけずに始めることが可能です。

お悩み①:マーケティング担当者がいない

WEBマーケティングの様々なメリットについて確認しましたが、実際には社内にマーケティング担当者が不在で活動ができない企業も多いのではないでしょうか。

人材確保が困難

WEBマーケティングの担当者として知識やノウハウのある人材を探す場合、採用や教育に時間とコストが多く発生します。そのため、マーケティングの専任ではなく総務などの担当者が兼任している場合も珍しくありません。しかし、担当者が兼任の場合は、本業に追われてマーケティング活動に充分な時間を割けないこともあるでしょう。

自社でできることから始めてみましょう

「マーケティング担当者」というと、マーケティングやWEBサイトの運用など難しい知識を要する印象がありますが、まずは身近にある簡単なツールから始めてみることもおすすめです。例えば、SNSはプライベートで活用している人も多く、短時間で情報を発信できるため比較的取り掛かりやすいでしょう。

また「Googleマイビジネス」に自社の情報を登録することで、Googleで会社名を検索した場合に登録情報が表示されます。会社までの地図や営業時間などがひと目で分かり、自社のWEBサイトへ誘導することも可能です。無料サービスのため、まずは登録してみるのがおすすめです。

おすすめサービス:ゼロから相談可能!マーケティングコンサルティング

WEBマーケティングには多くの手法があります。何から始めたら良いのか悩んでいたり、どのサービスが自社に合うのか分からない場合は、プロに相談してみることもおすすめです。マーケティングのノウハウを持つコンサルタントが、自社の課題を追究し最適な施策を提案してくれるでしょう。

お悩み②:ホームページはあるが更新できていない/ホームページがない

スマートフォンが普及して10年以上経つ現在「調べるときはインターネットが当たり前」な時代であるため、多くの企業が自社のホームページを持っています。しかし、ホームページを定期的に更新できていないケースも多いのではないでしょうか。

ホームページは作成後の運用も重要

ホームページは、企業と消費者をつなぐ有効なツールです。消費者が、企業を検索したときにホームページがない場合「この会社のことはよく分からない、別の会社にお願いしよう」と顧客をつかむチャンスを失う可能性があります。また、しばらく更新されていないホームページは「この会社、まだ存在しているかな?」「やる気がないのかな?」と消費者を不安にさせます。ホームページの訪問者を商品受注までつなげるために、定期的に新しい情報を更新していくことは非常に大切です。

自社で更新しやすいツールを選定

ホームページを最初から作成することは荷が重い、作成しても更新する時間がない、とお悩みの企業は、SNSページの活用を検討してみてはいかがでしょうか。ビジネスの種類によっては、SNSのプロフィールや投稿で充分会社情報を発信することが可能です。本業とマーケティング担当を兼任する場合も、短時間かつ簡単に更新できるため、業務への負担をかけにくいといえるでしょう。

おすすめサービス:ホームページ制作サービス

「自社でホームページを持ちたいが、更新できる人材や時間がない」という場合は、外部へ委託することもおすすめです。Mamasan&Companyのホームページ制作サービスは、確かな技術を持つスタッフがホームページのデザインやコーディングを行います。また、定期的な更新作業やバナー制作、コンテンツライティングまで幅広く対応しているため、ホームページの運用についても丸ごと委託することが可能です。

Mamasan&Companyのホームページ制作サービスはコチラ

お悩み③:アクセス分析の仕方が分からない

自社のWEBサイトは作成してみたけれど、アクセス分析の仕方が分からず、ホームページの健康状態を知らないままの企業も多いでしょう。

アクセス分析の重要性

アクセスを分析することで、ユーザーがどのページから飛んできたのか、WEBサイトやSNSの滞在時間などを可視化できます。それにより、問題点を抽出しより効果のあるページに改善していくことが可能となるでしょう。しかし、せっかく自社のホームページやSNSページを作成しても、細かいアクセス分析まで行っている企業は多くないでしょう。アクセスを分析するためには、改善に活かせる知識とノウハウを持つ人材が必要ですが、時間やコストの問題で確保が難しいのが現状です。

おすすめサービス:アクセス分析・レポート作成

Mamasan&Companyのアクセス分析・レポート作成のサービスは、ホームページのアクセス解析設定を確認し、その後の分析や改善のための運用などトータルで任せることができます。SNS、WEBサイトなど、内容により価格や運用方法が異なるため、まずは相談してみることから始めてみましょう。

お悩み④:広告宣伝費を抑えたい

広告宣伝費を抑える場合の注意点と解決策を確認しましょう。

広告宣伝費の削減だけを考えることは逆効果

広告は、商品やサービスについて消費者にアピールし、購買意欲を上げるためのツールです。単純に広告宣伝費を削減するだけでは、売上低下にもつながりかねないので、質を落とすことなくマーケティング活動を行う手段を考えることが大切でしょう。

広告宣伝費の費用対効果を上げる

SNSやGoogleマイビジネスなど無料のツールを活用するなど、自社の可能な範囲で行うことで広告宣伝費の削減につながります。

WEB広告、WEBサイトについては、知識やノウハウがなく「何となく」で広告を運用しても、時間と人件費だけ多く発生して成果につながらない懸念もあるでしょう。手数料はかかりますが、広告運用代行をアウトソーシングすることで、費用対効果の向上が期待できます。

おすすめサービス:広告運用代行

Mamasan&Companyの広告運用代行サービスは、世界中のテレワーカーが対応するため、スピーディーなコンテンツの更新が可能です。また、メールマガジンやSNSの更新、既存ユーザーへの情報発信など、トータルで広告の運用を任せることができます。

Mamasan&Companyの広告運用代行サービスはコチラ

お悩み⑤:自社ブログを運用したいが時間がない

せっかく自社のブログを作成したけれど、本業に追われて運用する時間がないという悩みを持つ企業も多いでしょう。そのような場合は、ライティング作業のアウトソーシングを検討してみてはいかがでしょうか。

ブログマーケティングは時間がかかる

プライベートのブログであれば、趣味や日々の出来事をライティングしていくため毎日更新することはさほど困難ではないでしょう。しかし、マーケティングのツールとしてブログを活用する場合は、商品・サービスの売り上げアップを目標に、消費者が知りたい情報を工夫して書く必要があります。そのため、企業にブログ担当の専任がいなければ、情報収集などに時間をかけられない場合も多いでしょう。そのような場合は、マーケティングのノウハウがある専門のライターにアウトソーシングし、運用を任せる方法がおすすめです。

おすすめサービス:コンテンツライティング/リライト

Mamasan&Companyのコンテンツライティングサービスは、SEOを意識して特定のキーワードを入れて記事を作成することで、検索順位のアップが期待できます。また、すでにアップされている記事をSEOの観点で書き直すリライトサービスもおすすめです。検索順位が上昇することで、企業サイトへの訪問者を増やし、最終的に顧客獲得を目指します。ライティング内容の専門性によって料金は異なりますが、新規ライティングは66,000円から、リライトは55,000円からの価格設定です。

Mamasan&Companyのコンテンツライティング/リライトサービスはコチラ

まとめ

消費者が企業について「知りたい」「欲しい」と思うとき、まずはインターネットで検索することが主流である現在、ネット集客は非常に効果的な方法といえるでしょう。WEBマーケティングには、SNSやブログ、WEBサイトやバナー広告など様々な種類があります。しかし、どのツールも目的を持って活用しなければ成果につなげることは難しく、業務の片手間で行うには負担の多い作業です。さらに、ネット集客の必要性は分かっていても、何から始めたら良いのか、やり方が分からないというオーナーも多いことでしょう。そこで、Mamasan&Companyの様々なWEBマーケティングの代行サービスを5つ紹介しました。サービス内容が細かく設定されているため、企業にとって必要な部分のみアウトソーシングすることが可能です。自社での対応が困難な企業は、プロに委託する選択肢も一度検討してみましょう。