海外在宅ワーカーブログ

海外在宅ワークでもできるコールセンターのお仕事

2021年6月3日 10:00 カテゴリー : 海外在宅ワーカーブログ

こんにちは。
遠く日本から離れたカリブ海で海外在宅ワーク中のパルです。私がMamasan&Companyで在宅ワークを始めてからもうすぐで一年になります。

海外駐在妻にお勧め日本企業の在宅ワーク

夫の仕事の関係で海外駐在妻をしているのですが、労働ビザが必要となる現地先での就職は難しく、子どももまだ手のかかる年齢なのでフルタイムは厳しいと思っていました。また夫の就職先によっては現地での就職を禁止しているなどの条件があり、お仕事をすることは無理なのだろうと諦めていたところでした。

海外でもお仕事を続けていきたい

子どもも就学し少し手がかからなくなり、専業主婦としてパン作りに励んでみたり、習い事も幅広く始めてみたりもしましたが何かが物足りない。お仕事を通してのやりがい感を感じたい!そう切実に感じていた時期にコロナの影響で在宅ワークが注目されている最中、駐在妻として仲良くしていたお友達が在宅ワークで日本の企業に就職をした知らせを受けました。

「海外にいながらでも日本企業に就職できる」という事に衝撃を受け、早速お仕事先を探し始め、辿り着いた先がMamasan&Companyでした。

ブランクがあってもしっかりサポート

いざお仕事を始めてみると、初めてみるシステム、マニュアルに沿って作業を進めていけば良いものの微妙な日本語のニュアンスが理解できなかったりと、ブランクがあることをひしひしと感じました。

何度もフィードバックをいただいて挫けそうになりましたが、それでも続けられたのはMamasan&Companyならではのしっかりとしたサポート体制に尽きると思います。

日本在宅、海外在宅メンバー総勢400人(2021年1月時点)がおり、作業に行き詰った時はチャットなどのコミュニュケーションツールで素早くフォローしてくださり、遠く日本から離れていてる海外在宅でも手厚くサポートが受けられます。

半年ほど過ぎるころには随分と勝手が理解できるようになり、ようやく周りが見え始めたころ、時差があっても稼働ができるコール業務を見つけ応募しました。

時差を利用してのコール業務

Mamasan&Companyでは24時間稼働可能な事が魅力の一つですが、日本との時差が13時間ほどあるカリブ海でもコールのお仕事が出来ることは大きな発見でした。私が参加している受電コール業は、日本時間9時から24時までのシフト時間があり、子どもが学校に行き落ち着いたタイミングで、日本深夜時刻のコール業務に参加しています。

午前中はコールでがっちりお仕事、お昼すぎに家事をすませ、空いた時間にエクササイズしたりと充実したスケジュールを組むことも可能です。

ビーチで走る親子

コールセンターってどんなお仕事?

実は過去に他社でテレアポのお仕事をしたことがあったのですが、アポイントメントを取るやりがいのあるお仕事ではある反面、ノルマがあったり、営業電話はお断りとお叱りをいただいたり、凹んでしまったことが多々ありました。また、売り上げが行き詰った時にサポートを受けることができず、どんどんと落ち込み、結局は3か月ほどで退職をした経験があります。

コール業というと「初めての方と電話でお話しするなんて・・・!!ガチャ切りされてしまうのでは?!クレーム対応で気がめいってしまうのでは?」と躊躇してしまう方が多いかと思います。私も苦いテレアポの経験からか立候補するまでに時間がかかりました。

不安を解消してスキルアップ

しかし、Mamasan&Companyのコール業ではしっかりとしたトークスプリストやマニュアルがあり、初めてコール業に参加する人でもすんなりと稼働することができます。

架電のお仕事も企業様宛にかけるものだったり、確認のために架電をするコール業であったりと、私が過去に行ったテレアポに比べるとずっと対応しやすいものでした。私が新しく参加した受電コール業では一時間以上に及ぶしっかりとした研修が3回あり、その都度わからない点や不安に思っている点を確認することができ、初コール前には自信をもって参加することができました。お客様との通話中に発生した疑問点も、テレビ電話やチャットでコールセンターと繋がっていて直ぐに確認ができ、ここでも在宅で稼働しているにもかかわらず一人ではない安心感の中でお仕事が出来ます。

おもてなしの気持ちを込めて

海外で生活していたり、子育て真っ只中だと、久しくちゃんとした日本語で会話していない寂しさを感じませんか?

私はその寂しさを受電コールの際に消化しています(笑)トークスプリストに沿いながら、おもてなしの気持ちを込めて対応すると思いがけない感謝のお言葉をいただくこともあり、接客業の醍醐味を感じられます。

海外在宅ワーク 時差をフル活用 ☆コールセンターでしっかり稼げる☆

敷居の高いと思われるコール業・・・やってみたい気持ちはあるけれど怖い!海外からどうやってコール業務に参加できるのかわからない?!時差がある中でお仕事がみつかるのか?

Mamasan&Companyでは小さな不安も丁寧に解消してくれます。またコール業は比較的に報酬も高く、空いた時間を使ってサクサクと稼ぐことも魅力の一つです。不安しかない状態で始めたコール業務でしたが、今では生活の一部となっており充実した海外生活を過ごしています。

女性がコール業をしている




《海外スポット関連ブログ》

ドイツで在宅ワーク!
まさかのコール業務
リーダーに就任!?
2021年4月5日  
海外在宅ワーカーブログ

カナダから初めての
在宅ワークで
未経験業種に挑戦!

2021年3月25日  
海外在宅ワーカーブログ

  🏠在宅でスキルアップ!

 在宅でコール業務!

  ♪メルマガ配信中♪

☆応援ポチもお願いします☆
 ☆にほんブログ村