BPO Times

新卒採用の悩みはRPOで解決!

2021年9月27日 10:00 カテゴリー : BPO Times

新卒採用を行なう場合、各企業は多岐にわたる採用業務を担います。具体的には、採用サイトの制作と運用や募集媒体の選定と広報、説明会や面接といったリクルートフローの実施、内定者のフォローなどです。

この一連の業務を自社内で行う場合、採用担当者の負担はかなり大きく、人的・時間的なリソース不足に悩む企業も少なくありません。このような課題の解決策として、RPO(Recruitment Process Outsourcing)が挙げられます。

業務プロセスを一括して専門業者に外部委託するBPO(Back Office Outsourcing)の中で、採用に特化しているRPOとはどのようなサービスなのか、メリット・デメリットとともに詳しく見ていきましょう。

採用代行「RPO」とは?

RPOとは、Recruitment Process Outsourcingの略称で、直訳すると採用のアウトソーシング、つまり採用代行を指します。では、採用代行とはどのようなサービスで、採用活動の中でどのような活動を行なうことが可能なのかを見ていきましょう。

RPOとは?

RPOは、企業の人材採用業務の一部、もしくは全てを外注し、求めている人材の採用成功をBPO企業に託すことができるサービスです。依頼できるのは主にノンコア業務が中心となります。

採用業務は企業にとって負担が多い業務の一つにもかかわらず、その運用のための人的リソースが足りなかったり、時間拘束が長くコア業務に集中しにくくなったりと、様々な問題を抱えているケースも見受けられます。そのような場合にRPOを有効活用することで、採用業務をより効果的かつ効率よく実施することが可能です。

どこまで代行してくれる?

RPOサービスで外注できる業務は、受託するBPO業者によって多少の差はありますが、採用フローの大半を任せられると考えて良いでしょう。

具体的には、募集要件の作成、募集職種の管理、応募者の選定、面接の手配など応募者への連絡と調整、求人サイト掲載や自社サイトなどの募集媒体の管理、レジュメ管理などです。

中には、内定者のフォローアップや研修などの教育、入社後のキャリアマネジメントまで行なうことができるRPO企業もあります。

RPOを活用するメリット

RPOを利用することで得られる、具体的なメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

業務負荷の軽減につながる

BPOサービス利用の最大のメリットにも通じるものとして、RPOの一番の魅力は、自社の採用担当者への負荷を大幅に軽減することが可能な点です。

自社で採用業務を行なう場合には、採用に伴う事務的な作業に大きく時間を割かざるを得ないことも少なくありません。一方でRPOを活用すれば、業務を一括で外注することができるので、人事採用担当者の負担削減が期待できます。

コア業務に集中できる体制を維持

採用担当者の業務負荷を軽減すれば、本来注力すべき人事戦略策定や組織的な開発といったコア業務に集中できるようになります。

具体的には、RPOした採用活動の現状分析を行って戦略を練ることに注力する、内定者に対するフォロー体制を強固にするなどです。コア業務への集中によって、採用活動の質を向上したり、社内の人事戦略をより綿密に実現することもできるでしょう。

より専門的なノウハウを活用できる

RPOを行なっているBPO事業者は、いわば人材採用のプロフェッショナルと言っても過言ではありません。専門家ともいえる企業に自社の採用業務をアウトソースすれば、プロのノウハウを活用することができます。

さらに、RPOを活用することで、これまで自社で行ってきた採用プロセスとの比較を行う機会にも恵まれます。その結果、新しい採用施策への挑戦や、現状の採用課題の可視化を進め、PDCAを回して採用活動をよりブラッシュアップし、内定率向上などの改善を行なっていくことも可能です。

注意しておきたい!RPOのデメリット

RPOには様々なメリットがある一方デメリットもあるため、双方を必ず把握した上で導入の検討を行いましょう。

自社の人事へのノウハウ蓄積がされにくい

RPOを活用する代表的なデメリットは、自社の人事採用担当に、リクルーティングノウハウが蓄積されにくいことが挙げられます。

RPOを利用した場合、採用活動を行うのはRPOを引き受けているBPO事業者です。そのため、RPOによる新フローでの採用実施や業務改善で、これまでにない成果が出たとしても、現場でRPO事業者が実際に行っていたノウハウが自社のスタッフに全て伝わらない可能性を孕んでいます。

RPOを活用した効率的かつ効果的な採用活動を進めながら、さらに自社内にノウハウを吸収するために、アウトソーシング先と共有の機会を定例で設けるなどの工夫が必要です。

ミスマッチが生じるリスクがある

RPOを利用すれば、採用業務の一切を丸ごと委託することが可能です。

ただし、欲しい人材のペルソナなど、採用の根幹部分に至るまで何もかも任せきりで介入せずにいると、ミスマッチが発生する可能性を高めてしまう危険性があります。最悪の場合、自社が求めている人材が集まらなかったり、ミスマッチな人材ばかりが内定されたり、期待から大きく外れる結果にもなりえます。ミスマッチを防ぐためにも、依頼する範囲・介入して決定する事項を明確にすることが必要だと言えます。

さらに、プロジェクトが開始する前や最初の時期だけではなく、採用活動が軌道に乗って進んでいる状況下でも、RPO事業者と社員とのコミュニケーション機会をしっかりと設けるなどして、より効果的な採用を実現させることが大切です。

テレワーカーによるBPOのパイオニア!Mamasan&Company

10年以上にわたり世界中のテレワーカーとともに多種多様な業務実績を誇るMamasan&Company株式会社は、豊富な経験や知識、ノウハウを活かしてクオリティの高いBPOサービスを提供してきた企業です。

「ママさん最強伝説」

Mamasan&Companyで活躍するワーカーは、子育てや介護などで完全な社会復帰はしていないが、ビジネススキルの高い「ママさん」が中心です。

ママさんならではの精神的・肉体的なタフさや予期せぬ事態への対応能力、細やかな気遣いのある人材を厳選して登用し、独自のチーム運用の中でパフォーマンスの高いサービス提供体制を構築しています。

チームを組んでオペレーションを遂行

受託した業務の種類(例:経理、システム開発、給与計算、コール業務、採用等)に適したリーダーママ、アシスタントママとサポートママを選抜し、それぞれが連携した上で担当者として責任感を持って業務を遂行します。

さらに、ママさんだからこそ綿密に作成することができる業務マニュアル、徹底的なプロセスの可視化を実現しています。

これらは、先輩ママが新人ママに以心伝心な方法で伝授しており、継承され続けることで、ママさん達自身により企業文化を形成しています。

組織型テレワークの基盤となるCOSMOSへの参加

Mamasan&Companyで働くテレワーカーは、COSMOSと呼ばれるコミュニティ組織に参加しています。COSMOSは、オペレーションの具体的な業務とは一線を画しており、伝達系統を含め、具体的にオペレーションを回すチームでは補いきれないワーカーの教育やコミュニケーション、情報の整理を目的としています。

COSMOSで学んだナレッジや教養をオペレーションに反映し、クオリティの高い成果を出すという土壌があることも大きな特徴と言えます。

Mamasan&CompanyのRPOサービス

Mamasan&Companyで提供しているRPOサービスには、どのような特徴があるのか詳しく見ていきましょう。

圧倒的な低コストを実現

Mamasan&CompanyのRPOサービスは、低価格でスピード感を持って実施することが可能な点が大きな魅力と言えます。求人媒体への掲載期間や、採用フローの受託範囲にもよりますが、100人採用あたり10万円以内から検討することができます。

圧倒的な低価格を実現できる背景として、ワーカーたちが業務をマイクロタスク化して分散処理を行うこと、徹底的な可視化による業務管理、時間に制約されない完全変動費制によるワーカーの活用が挙げられます。

高クオリティのサービス内容

企業の担当者様に対しての毎日の応募状況報告として、応募者リストや書類選考結果はもちろんのこと、要望に合わせたレポート提出を行なうなど、全国の支店や採用部署担当者との調整など、要望に対し柔軟に対応することができます。また、応募者への対応内容も、ハローメールから面接日、面接地についての連絡、合否連絡、次ステップの案内や面接前日のリマインドなど、要望に合わせたオーダーメイドが可能です。

さらに、Mamasan&Companyで業務を行う際に可視化された採用のフローをドキュメントとして共有されるため、自社業務の可視化にも繋がります。

面接・採用の効率アップが可能

募集媒体への掲載直後などの大量の応募が集まるタイミングでも、一定条件に基づいた書類選考をママさんが行ない、企業担当者様は、通過者のエントリーシートをチェックすることに注力することが可能です。

また、Mamasan&Companyのコールセンターと連携することで、多数の応募者との密なコミュニケーションを実現し、リマインドコールで来場率やイメージアップを図ることも出来ます。

さらに、応募者分析、媒体比較、費用対効果などの緻密なレポートを共有できるので、費用対効果を数値化し、次回の採用にも繋がる分析を行なうことも可能です。

まとめ

RPOサービスは、採用業務を専門の業者に委託することで、様々なメリットを享受することができます。採用に伴うリソース不足に悩んでいる企業は、RPOの活用を視野に入れることは非常に有効な選択肢の一つです。

ただし、新卒採用・中途採用問わず、企業の成長や今後の人事戦略に多大な影響を与える業務が採用であるとも言えます。

外注先は慎重に比較検討し、今後を見据えた上で、コスト面や費用対効果を見極めましょう。