BPO Times

Web広告運用は難しい?初心者でも分かるWeb広告の徹底解説

2020年12月25日 15:00 カテゴリー : BPO Times

インターネットの発展により、Web広告がビジネスの集客方法として注目を集めています。Web広告の需要は年々高まっており、導入を検討している企業担当者も多いのではないでしょうか。

しかし、近年ではさまざまな宣伝媒体や手法が存在し、運用をスムーズに行うためには専門的な知識が必要になります。こうしたスムーズな導入や運用の効率化には、運用代行企業のサービスを活用することがおすすめです。

効率的な運用が期待できる運用代行企業は、Web広告を活用する上で大きな助けとなります。Web広告を運用する前に理解しておきたい各媒体の特徴や運用代行企業を利用するメリットなどを踏まえ、効率的にWeb広告を運用していきましょう。

Web広告とは

Web広告とは、インターネットやメールマガジンなどに掲載される広告のことです。インターネット広告やオンライン広告、デジタル広告とも呼ばれるWeb広告の特徴を理解し、自社のサービスを充実させましょう。

Web広告の特徴

認知度を上げたい商品やサービスを、Webサイトやメールに含まれる広告枠を利用して宣伝することができるため効率的な配信が可能です。また、従来の紙ベースやテレビ、ラジオなどでの広告費用と比較すると、Web広告はコストを抑えることができます。従来の広告とは異なり、広告を閲覧したユーザーの情報を特定できるのが特徴と言えるでしょう。これまでの広告では、宣伝効果の測定が難しく大きな課題点でしたが、Web広告ではインターネットの技術により、掲載されている広告のクリック回数など正確に測ることが可能になりました。そのためWeb広告の効果が発揮できているか判断がしやすくなり、集客に繋げることが可能です。

ユーザーを絞ったターゲティング広告

ターゲティングとは、テレビCMや新聞といったマスメディア広告とは異なり、ユーザーの性別や年齢、居住地域などを絞って表示する広告機能です。そのため、広告主が狙っている特定のターゲットに向けて広告を発信することができます。属性を絞って広告を発信するので、不特定多数に発信するより効率的でコストを抑えることが可能でしょう。

サイトに誘導させるインタラクティブ性

インタラクティブは、表示した広告に対してユーザーがクリックなどで反応することにより自社サイトに誘導する機能です。従来の広告では、商品を購入するにあたり営業時間に来店する必要がありました。しかし、インタラクティブな広告を取り入れることで、いつでもWeb上から商品の購入ができるというユーザーのアクションに繋げることが期待できるでしょう。

【関連記事】「ECサイトの運用は難しい?サポートを活用して効果的に集客しよう!」

各媒体の用途や特徴を確認しよう

Web広告はターゲットを絞って配信できることが強みです。さまざまな媒体がありますが、自社の目的や獲得したいターゲットに合わせた広告を使い分けて選ぶことが重要でしょう。

簡単に始めやすい!リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果に連動して表示される広告のことです。検索されたキーワードに沿って表示されるため、購買意欲の高いユーザーに対して効果的に働きかけることが可能な点が大きなメリットでしょう。クリックされない場合は、広告費が発生しないため、低予算から始めることができます。

アフィリエイト広告でPRしてもらう

アフィリエイト広告とは、アフィリエイトサイトに掲載している広告をユーザーが保持しているブログなどで、PRを行ってもらう宣伝方法です。広告リンクを経由して発生した成果に対して報酬を支払う仕組みなので「成果報酬型広告」とも呼ばれています。多くのサイトに掲載される可能性がある反面、成果がでるまで時間がかかり意図しないWebサイトに掲載される可能性があるためキーワードの選定が必要でしょう。

インパクト重視なソーシャルメディア広告

ソーシャルメディア広告は、TwitterやFacebookなどのSNSを通して広告を配信する方法です。ソーシャルメディア広告はインパクトのある内容でユーザーの興味や関心を集めることができ、広く拡散することができるでしょう。SNSではユーザーが特定しやすいため効率的な広告を配信することが可能です。しかし、情報がユーザー間に広まるため、発信側でコントロールできなくなるリスクが考えられるでしょう。

純広告(バナー広告)で自社をPRする

純広告とはYahoo!などのメディアの広告枠を買い取り、自社の広告を掲載することです。テキストや画像などの広告表示が自由にできるので「バナー広告」とも呼ばれます。大手広告枠に掲載すると広告の単価が高いですが、多くの人に見てもらえることができるので認知度拡大に役立つことが期待できるでしょう。クリック単価や成約率まで把握すると、配信先やターゲットのズレを防げるため、多くのユーザーを獲得することが期待できます。

ユーザーにストレスを与えにくいネイティブ広告

ネイティブ広告は、SNSやニュースメディアサイトの記事タイトルやコンテンツに自然と溶け込ませて表示することです。バナー広告のように目立つものではなく、投稿画面と同じような広告表示を行います。広告に対して悪い印象に感じるユーザーも広告表示にストレスを感じることなく、クリックする可能性が高くなるでしょう。

効果的に直接宣伝ができるメール広告

メールマガジンを利用した広告手法で、直接ユーザーに情報を届けることができます。ユーザーは場所を選ばずメールを確認することができるため、効率的に宣伝することが可能です。しかしメールが開かれない場合やユーザーの属性と合わない場合もあり、クリック率が低くなる傾向があります。配信時期の改善やメールタイトルなどを工夫する必要があるでしょう。

まず最初にはじめるべきWeb広告媒体とは

Web集客を行う際、さまざまな媒体がありどこから始めるべきかわからないという方も多いのではないでしょうか。数ある広告媒体の中でも「リスティング広告」は手軽に始められるのでおすすめです。

低予算からスタートできる

リスティング広告は最低出稿金額が設けられていないため、低予算で始めることが可能です。しかし、予算が少なすぎるとデータが溜まりにくく、分析からの改善を見込むことが難しくなるデメリットを持っています。配信対象を年齢や性別、所在地などで細かく絞ったり、Webサイトの成果に繋がる検索キーワードを参考にキーワード設定を行うなど、工夫が必要でしょう。また、リスティング広告はクリック課金形式なので、クリック発生後に課金となるのが特徴です。広告が検索結果に出るだけでは費用は発生しませんが、1クリック当たりの費用は時期などといった、さまざまな条件によって変動します。基本的に自由に設定することができるため、競合他社が狙わないようなキーワード設定を工夫することで少額予算で成果を出すことができるでしょう 。

ユーザーにアプローチしやすい

リスティング広告では、ユーザーの心理を検索キーワードから想定する機能を持っているため、ユーザーにアプローチしやすいところが特徴です。さらに、Webサイトへ訪問したユーザー履歴をリスト化し、時間を空けてから、もう一度広告を配信することもできます。訪問からの日数を後追いし細かい調整もできるため、より高いコンバージョンを期待できるでしょう。また、リスティング広告は検索結果を最上部に表示することができ、自然検索で上位を狙うよりも簡単に上部へ表示できるため、多くのユーザーの目に触れることができます。しかし、予算や工夫次第で2ページ目以降の表示になる可能性もあるので、日々の調整が必要になります。

ECサイト運営 _ Mamasan&Company

運用代行を外注するメリット

リスティング広告は誰でも簡単に始められるのが魅力の一つです。しかし、リスティング広告の特長を最大に活かすためには、専門的な知識が必要になります。そこで運用代行に依頼することで、スムーズに導入から改善まで行うことができるでしょう。

最新知識に基づく改善が可能

Web広告は日々常に目まぐるしい速さで情報が変化し、常に最新の情報を追い続ける必要があります。自社でWeb広告を運用する場合、アカウント開設から検索キーワードの選定、広告文の作成、入札調整といった非常に多くの時間と手間がかかることがほとんどです。Web広告に強い経験豊富な社員を新たに採用できたとしても、数年で退職してしまう可能性も考えられるでしょう。

このようなリスクを考慮して、Web広告の専門家に依頼する企業が増加傾向にあります。また、運用代行はWeb広告の専門家として、最新の情報を収集し、広告へ反映してくれるので質が落ちる心配がありません。細かい入稿や設定の変更も運用代行にお任せできるため、時間の節約や配信ミスを抑えることができるでしょう。

予算内でのパフォーマンス

リスティング広告の広告費は、同額の金額でも調整の内容によって成果が大きく変動します。1クリック当たりの費用を抑える、検索にかかりやすいキーワードの登録をするなど調整が必要です。

運用代行は専門知識や高いノウハウを持っているため、月ごとに決められた広告予算で良い成果を出す最大限のパフォーマンスを期待することができるでしょう。毎月決まった料金で配信から改善まで一括して依頼することができます。運営代行が自社の収益モデルを理解し、事業成長を見据えてくれる代行運営か見極めることが大切です。

幅広い専門知識の共有

運用代行を利用することで、代行企業独自の情報や知識を共有することが可能です。代行企業の中には、幅広い業種の案件を取り扱っている企業もあり、最新情報の他にも会社独自のノウハウも多く蓄積されています。運用代行企業のマニュアルに沿ったアドバイスだけでなく、その会社の特長を活かした独自の目線でより確実な改善策を提供してもらえるでしょう。さらにトラブルが発生しても豊富な専門知識から最適な策を対応してもらえるため、問題解決までがスピーディーな点も魅力の一つです。

運用代行を外注するデメリット

Web運用代行の利用には、さまざまなメリットがありますが、デメリットと感じるポイントもあります。依頼する前にデメリットを確認したうえで運用代行を有効的に利用しましょう。

毎月手数料がかかる

運用代行に依頼することで、毎月の広告費に加えて手数料が発生します。手数料の相場は運用する広告費の20%ですが、基本的に運用する広告費が多くなるほど手数料も高額になるでしょう。しかし、広告運用のスキルを持つ人材は少ないため、採用コストなど考えると運用代行の手数料の方が割安になるケースも考えられます。社内での各種コストや運用方針を把握し、代理店に依頼するべきかの判断が大切です。

社内ノウハウが蓄積されにくい

Web広告の運用を全て依頼すると、社内の人材が業務を行わなくなるため、自社に運用ノウハウや情報が蓄積されない可能性が考えられます。今後、社内運用を視野に入れている場合は、運用代行から運用ノウハウを学んだり担当者に確認するなど、社内スキルを高める方法について検討が必要でしょう。

アカウントの確認と引き継ぎに注意

運用代行に依頼すると、運用中のアカウントは代理店の運用ノウハウの流出を防ぐために開示されないことがあります。自社で広告アカウントを確認することができないと、日々どのように運用しているかがわかりません。また代理店での成果が上がらなかった場合、アカウント移行を検討するケースもあります。代理店でアカウントを引き継ぐことができないと再度作り直す必要があり、時間と手間がかかってしまうでしょう。代理店を選ぶ際には、自社のアカウントの開示や移行可能かを確認することが必要です。

【関連記事】「ECサイト運営を外注したい!外注のメリットとデメリットとは」

選りすぐりのWeb広告運用代行企業3選

広告運用を代行に委託することで、自社に学びを得ることもできます。自社で知識をつけておくことでよりスムーズな運用を期待できるでしょう。またWeb広告運用代行企業によって、サービス内容や料金プランが異なるため、自社の運営方針に合う代行企業を検討しましょう。

Mamasan&Company株式会社

Mamasan&Companyでは、ECサイト運営を請け負う代行企業です。国内外のスタッフが対応するため、スピーディーな商品の入れ替えやコンテンツの発信をすることができます。効果検証から改善し、ユーザーへの発信などECサイト運営全般を依頼することができるでしょう。さらに大手企業のECサイトを請け負っている実績があり、希望に合わせた料金プランを提案してくれるので安心です。

ASUE株式会社

ASUEは、さまざまな業種の広告運用経験と1社1社のクライアントとしっかり向き合える運用体制を整えているため、細かい運用の指示にも対応してくれます。スタッフ全員がGoogle広告認定資格を保持しているため、広告マーケティングの専門的なスキルによる対応が期待でき安心して依頼することが可能です。また、SNS広告や動画広告など幅広い広告運用も任せられるのが魅力でしょう。

株式会社アドリスティング

リスティング広告のプロが多く在籍しているのがアドリスティングの特徴です。これまで500社以上の企業を成功へ導いたノウハウを活かし、確実な改善ができます。リスティング広告のほかにSNS広告やLP制作も受け持っているので、広告効果を飛躍的に改善することも可能です。また運用アカウントは、クライアントに全て開示されるため、いつでも自社側から作業内容を把握することができるため安心して依頼できるでしょう。

まとめ

Web広告は、従来の広告よりコストを抑えて宣伝することができ、正確なターゲティングに優れている広告手法です。しかし、充分な効果を得るためには、獲得したいターゲットや目的に合わせた宣伝方法を選ぶことが重要でしょう。中でもリスティング広告は低予算から始められ、商品やサービスの購入意欲が高いユーザーに配信できるメリットがあります。また、リスティング広告の特長を最大に活かすために専門的な知識を持った運用代行企業を利用することで、スムーズな導入や運用を行うことができるでしょう。プロならではの知識やアドバイスを受けられるのも魅力です。

Web広告の出稿には、運用方法やコストなどの多くの課題がありますが、より効果の上がる運用のため、外注を活用することも検討してみてはいかがでしょう。

【関連記事】「Eコマースで新たなビジネスチャンス?Eコマースの市場に注目」