BPO Times

マーケティングに必須!SEOライティングと代行サービス

2019年10月3日 14:38 カテゴリー : BPO Times

大量生産、大量消費の時代が幕を迎え、商品やサービスを顧客に選んでもらうためには、顧客との友好的な関係を築き上げることが、企業の持続的な経営に必要不可欠となりました。顧客のニーズを分析し、商品やサービスに反映することは、非常に重要なマーケティングの要素です。

最近は、コンテンツSEOを活用し関係構築を図るマーケティング手法などが主流になってきました。しかし、コンテンツSEOを活用し続けることは、地道な活動が必要なため、自社でのコンテンツ運営は簡単ではありません。

コンテンツSEOを活用したマーケティングを行っている多くの企業では、評判の良い代行サービスを活用しているケースが多いでしょう。

代行サービスの活用によって、自社のコアな業務へ集中しながらコンテンツSEOのノウハウを享受できるメリットがあります。

これからコンテンツSEOを活用したマーケティングを始めようとご検討の企業向けに、コンテンツSEOの解説を含め、おすすめの代行サービス企業3社をご紹介します。

マーケティングの重要性

マーケティングとは、「商品やサービスが購入される仕組み」を創出することです。物やサービスが売れなければ、キャッシュフローが悪化して経営は成り立ちません。

マーケティングには、基本的なフレームワークとして、4P・4Cという理論があります。

以下、4P理論・4C理論を交えて、マーケティングの重要性を見ていきましょう。

製品(Product)と顧客価値(Customer Value)

製品とは、企業利益の源です。作れば物が売れる時代では、品質やデザイン、ブランドなどに魅力があれば製品が売れました。よって、製品を製造してから、マーケットのなかにどのように投入し、魅力的に売るのかという考え方が根底にありました。(Product)

最近では、顧客がどのような価値を求めているか、提供できるかをまず分析し、それに見合った製品やサービスを提供する考え方も重要です。(Customer Value)

品質のよい製品でも、顧客に価値提供ができなければ、物は売れません。

価格(Price)と顧客にとっての経費(Cost)

価格とは、適正な利益を得るために、製品やサービスを提供する側が決定する物の値段です。価格からどのターゲット層に販売するのか、採算がとれるのかの判断は利益に影響します。(Price)

加えて、顧客が提供される価値を得るために、どれだけのコストを掛けてくれるのか、掛けることができるのかを分析してから、コストを元に製品やサービスを展開していく考え方が非常に重要になってきました。(Cost)

顧客が支払っても良いというコストで、商品やサービスを提供することが売上に繋がります。

流通(Place)と顧客利便性(Convenience)

流通とは、物を市場に流通させるための流通経路や販売する場所です。顧客に確実に物を提供するための販売網を構築することはもとより、激安店やブランド店などのどこで販売するかも検討が必要でしょう。(Place)

戦略として、顧客の需要を分析し、製品を入手することがどの程度容易かという利便性に焦点を絞ることも重要になりました。(Convenience)

消耗品や日常品は、入手が容易で利便性の高さがより重要で、どのターゲット層がどのような商品を同時に購入するかなどを分析し、追加購入を促すこともできます。人気のある高級品などは入手困難であれば、希少価値が上がりさらに人気が集中するでしょう。

販売販促(Promotion)と顧客とのコミュニケーション(Communication)

販売促進とは、製品を市場にアピールして、多くの顧客に知ってもらうことです。展示会への展示やテレビCMなどが含まれます。(Promotion)

デジタル化に伴い、販売促進によって、販売側から顧客への情報発信だけでなく、顧客からの反応を受信する双方向のコミュニケーションが、安定した収益を左右するようになってきました。(Communication)

口コミやアンケートなどの顧客反応を商品やサービスに反映することは、必要不可欠になっています。

コンテンツSEOとは

作れば物が売れる時代は、全ての顧客に対して一定の販売方法で商品を提供するマスマーケティングという手法が一般的に行われていました。

最近では、ターゲットを絞り込み顧客からの反応を得て、関係構築を図っていくという手法(ダイレクトマーケティングなど)を取り入れる企業が増えています。

現在のマーケティングの手法で見込み顧客を集客するためには、コンテンツSEOを活用するのも選択肢のひとつです。

それでは、コンテンツSEOとはどのようなものなのか見ていきましょう。

コンテンツSEOとは

SEOとは、キーワードを選定し、検索エンジンに自社のホームページや導線となる記事を上位表示されるように対策することです。コンテンツSEOとは、SEOとWEBコンテンツを活用した、マーケティング活動になります。

コンテンツSEOのメリット

検索する顧客と検索エンジンの両方に評価されるコンテンツを地道に発信し、有益なサイトとして認識してもらうことは非常に重要です。自社に興味がある顧客を増やし、コミュニケーションを通して関係性を維持することが、長期的で安定した会社経営に繋がります。

オウンドメディアというマーケティング

オウンドメディアは、主に自社で運営する情報発信のためのブログやサイトのことです。

アクセスしてきた見込み客に有益な情報を提供し、自社のファンをたくさん創出する効果があります。

一度構築してしまえば広告などの掲載費用も発生せず、何度でも商品やサービスの情報提供が可能なため、非常に費用対効果が高いというメリットもあります。

WEBライティング代行サービスのすすめ

コンテンツSEOを利用したマーケティングは、検索サイトからどれだけ高い順位で検索されるかが効果に大きく影響することでしょう。

見込み顧客を集客するためには、一時的な対策ではなく継続的に顧客が求めるコンテンツを提供し続ける必要があります。

以下の理由から、マーケティングの効果を高めるために代行サービスの活用がおすすめです。

ノウハウの活用

コンテンツSEOは、キーワードの選定や検索エンジンから検索されやすいなど、ノウハウが必要です。正しく理解し活用しなければ、間違った方向に対策してしまったり、見込み客がサイトからすぐに離れてしまったりなど高い効果が得られません。

信頼のおける代行サービスであれば、コンテンツSEOを十分に意識したコンテンツが提供されるため、高い集客効果を見込めます。

業務のコア集中化と効率化

コンテンツSEOは、地道なコンテンツの提供が必要なため、非常に工数がかかります。

少人数で、制作からチェック、コンテンツ提供まで関わる場合、疲弊による品質低下もリスクです。自社だけで対応するには、ノウハウのある人材が必要になります。

人手不足が問題になっている最中、そのような人材の確保は難しいでしょう。

また、代行サービスを活用することにより、企画などの本来のマーケティング業務に集中し、十分に吟味されたコンテンツ提供を図りましょう。

代行サービス企業選びのポイント

代行サービスを依頼する場合、コンテンツSEOをしっかりと意識した提供は言うまでもなく、組織体制や専門分野が依頼したい内容に強いなど、いろいろな視点で選定する必要があります。

以下、代行サービスを依頼する際の選定するポイントについてまとめます。

提供してほしいコンテンツの分野に精通している

得意分野や専門が、提供してほしい分野と一致していることが重要です。

簡単でどこにでもあるようなコンテンツでは、顧客にとってあまり価値がなく興味も持ってもらえません。

安定してコンテンツを提供できる組織体制

提供前にきちんとした品質チェックをしていること、十分な受け入れ態勢が整っていること、二重外注をしていないかなどの組織体制のチェックも重要です。

組織連携がしっかりとしていない場合、成果物が意図しない内容のコンテンツであるなど想定外のトラブルが発生するかもしれません。

レスポンスよく納期を守る

コンテンツには鮮度もあります。タイミングを逸したコンテンツでは、十分な価値を発揮できません。問い合わせなどに対しても、レスポンスが良いことも重要です。

コミュニケーションを通して双方の齟齬をなくし、期限内にコンテンツ提供を受けることが、機会損失のリスクを低減します。

良い評判とたくさんの実績がある

実績の伴わない企業に代行サービスを依頼した場合、自社が欲する内容のコンテンツ提供が受けられず、なんども改定要求が発生します。

企業が良い評判を得るのは、品質やレスポンスが良く、しっかりとした組織体制が伴っているからこそでしょう。

実績や評判を元に依頼先を選定するのは、最重要ポイントです。

おすすめ企業

代行サービス企業で、おすすめの3社を紹介します。

Mamasan&Company株式会社

ライティングやWEBサイト構築などのクリエイティブな代行サービスから、経理や採用などのBPO業務代行サービスまで幅広くサービスを展開しています。さまざまなスキルを持つ国内外のテレワーカーが在籍し、各分野に対応したチームを組み依頼に合わせて仕事を進めて行きます。お客様にしっかりと向き合うことができる、独自の組織体制を取り入れています。

https://mamabpo.jp/

サグーワークス

たくさんのWEBライターが所属しているため、ピッタリなテイストの記事をライティングしてくれるライターとマッチングが可能です。ライターは実績やレベルに応じたクラス分けがあり、リーズナブルで手頃な価格帯の依頼から、専属でクオリティーの高い依頼まで対応が可能です。ライター向けのサイト「こぶたの鉛筆」では、WEBライターへの啓蒙活動も実施しています。

https://works.sagooo.com/

shinobiライティング

依頼を受けてからの納品レベルが最短3日と、最速のサービスを提供しています。

コストパフォーマンスも良いと評判な企業です。アフェリエイターのような個人単位での小規模依頼も、豊富なWEBライター登録数のために迅速な対応を実現しています。

業界最速納品と記事発注シェアの実績があり、レスポンスの速さを最重視される方にとてもおすすめです。

https://crowd.biz-samurai.com

まとめ

マーケティング戦略は会社経営にとって、非常に重要な役割を担います。

最近は、WEBコンテンツを利用したマーケティング手法が主流になってきました。

しかし、コンテンツSEOは地道なコンテンツの提供が必要なため、たくさんの手間と工数が掛かります。

自社だけでWEBコンテンツを運営することは簡単ではないため、代行サービスの活用がおすすめです。

しっかりとした代行サービスを提供する企業に依頼することにより、効果の高いマーケティング手法で自社のファンを獲得し、長期的で安定した顧客獲得を図ってみてはいかがでしょうか?