海外在宅ワーカーブログ

父と着物と

2020年6月30日 07:00 カテゴリー : 海外在宅ワーカーブログ

こんにちは!サンアントニオからあいです☆
サンアントニオは気温が35度を超え、とっても暑くなってきました。
皆さんのお住いの地域はどうですか?

今日はアメリカから、日本文化の「着物」をテーマにブログを書いてみようと思います✨
以前の英語ブログでも書かせていただいたのですが、
私の父は友禅の着物職人をしています。
職人と聞くと、なんだか厳しそうだなと思ってしまうのですが、
私にとってはカメラ好きの優しいお父さんという感じです。
父が着物を家で作っていたこともあり、着物は小さい頃からずっと身近にありました。

それにも関わらず私はほとんど着物を着たことがなく、
自分一人で着物を着るなんてことは到底無理でした。
職人の娘ながらお恥ずかしいことです。

日本文化が大好きだったのですが、海外の文化にも興味を持ち、
最終的には国際結婚をしてアメリカに移住してしまいましたので、
さらに着物を着る機会がなくなってしまいました。
そんな私に着物を着るように勧めてきたのは、父ではなく、私の主人です(^^♪

日本に帰国したときに和装でフォトウェディングをしたのですが、
着物を着た私を初めて見た主人が
着物を着ないのはもったいない」、「お父さんの着物を着ないのは失礼だ
と熱心に私に着物を着るように言ってきたのです。
最初は私には着付けなんて無理だよと思っていたのですが、
しだいに主人の熱意に押され、私も着付けを習いたいなと思うようになりました☆彡

そして数年後、日本に1か月ほど帰国するチャンスがあった時に、
着付けのレッスンに通いました。
何も分からない私に先生は丁寧に、根気よく教えてくださり、
最終的には着物を自分で着ることができるようになりました。
主人もなんだか嬉しそうでしたね✨

アメリカに戻った後は、やはり着物を着る機会はあまりないのですが、
練習のためにたまに家の中で着物を着たりしています。
着物を着るとシャキッとした気持ちになるというか、
日本が懐かしい気持ちになるというか、少しいつもと違う気持ちになります。
そして着物を着ると遠くに住んでいる父を近くに感じることができます。

アメリカに8年も住んでいるのにホームシックになってしまう事もあるのですが、
日々の暮らしの中に日本の文化を取り入れながら、
自分らしく、アメリカで生活していけたらいいなと思っています。

主人が着付けレッスンの時に、手伝ってくれている写真です☆彡



昔からの生活スタイルを続ける
あるカナダの街をご紹介👗👘

2019年2月1日
👘🐎
異文化を感じる町☆ 👘🐎

🌏世界のみんなと繋がりお仕事してみませんか🌏


♪メルマガ配信中♪
📩メルマガ配信希望の方はこちら📩
https://mama-sun.com/jp/melma/

✐応援ポチもお願いします✐ ☆ 海外生活ブログ ☆