Details of the consultant

野村一平

Ippei Nomura

Consulting Group Staff / 東京 Office

出身地【Native place】: 日本・北海道【Hokkaido, Japan】

学歴【Education】: 千葉大学大学院建築・都市科学専攻修了 【Graduate School of Science and Engineering in Chiba University/Division of Architecture and Urban Science】

コンサルティングサービス経験【Consultant Expirence】

情報処理・サービス業/教育・学習支援業(eラーニング)/流通業(コンビニエンスストア)

メッセージ Message

スクラムフレームワークの導入支援に関するコンサル業務を実施しております。

多くの企業様では、ウォーターフォールモデルを採用しているのではないかと思います。
ウォーターフォールモデルは要件定義から始まり、
設計、製造、テスト、導入といった工程を順番に実施するモデルでとても合理的です。
しかし、ウォーターフォールモデルの難しいところは、
「想定外が発生し予定通りに進まない」というところです。
工程が進むにつれて、初期段階では見えていなかった重要事項が浮上し計画を変更しなければならないことを経験したことがあるのではないでしょうか。

それに対して、スクラムはウォーターフォールモデルの弱点を抜本的に改善する優れた手法です。
また、スクラムは単なる開発手法ではなく、組織を長期的に改善することも視野に入れていて大きな業務改善が期待されます。

私は、スクラムフレームワークを企業に浸透させるコンサルティング業務を実施しております。
企業様の現状把握から、スクラム導入・運用までを支援し長期的な成長のお手伝いをさせていただければと思います。

I am a consultant for the implementation of the Scrum framework.
I think many companies have adopted the waterfall model in project management.
The waterfall model is highly methodical, in which progress is seen as a flow from requirement analysis, system design, construction, testing, and deployment in a sequential manner.
However, the problematic part of the waterfall model is that it is difficult to define all the requirements beforehand, and it tends not to go as planned when an unexpected situation happens.
You might have encountered a situation where unforeseen matters appear as the project progresses, and it was necessary to change the initial plan.
Scrum, on the other hand, is a great framework that fundamentally overcomes the weaknesses of the waterfall model.
Additionally, Scrum is not just a software development process, and we can expect a significant improvement in business operations by reforming the organization with Scrum in the long run.
I am consulting to permeate corporations with Scrum framework.
I will assist your long-term growth by analyzing the current situation, introducing Scrum, and supporting its operation.